9:00-19:00
年中無休
2019年06月20日
スタッフブログ

愛犬家の一言

愛犬の熱中症危険レベルを上げないために

飼主さんが出来る事 (外飼い 編)

出来れば夏の間ででも屋内に避難させても
熱中症対策はもちろんゲリラ豪雨や突然の落雷など万が一の危険を避けるためににも
出来れば夏の間だけでも玄関などに避難させておくと安心です。

日よけを設置するなど犬舎は日陰に置く
犬舎は風通しの良い場所に移動して、また室外機からは熱気が出ますので
外機附近に犬舎は置くのはNGです。

定期的に様子を確認し飲み水も、まめに取り換える

熱中症危険度は気温や湿度で刻一刻と変化します。
愛犬に異変がないか、まめに様子を見て、飲み水も新鮮なものに
定期的に取り換えましょう。
 
飼主さんが出来る事 (車内 編)

車に犬だけを絶対に置いていかない

たとえ日が当たらない場所でも、夏場の車内は一瞬で気温が上がります。
悲しいことに熱中症による死亡事故も多発していますので
犬だけを車内に残しておくのは絶対NGです。
 
エアコンは温度を低めに設定し後部座席の暑さも確認する。

車内でもエアコンは必須です。車窓から日光が差し込むと一気に温度が上がってしまうため
温度設定は低めがベター 後部座席など、愛犬がいる場所が暑くないか確認を

愛犬家住宅コーディネーター
認定番号:19012413
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
インターネットで購入可能
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
愛犬のお散歩帰りのかんたん足洗い
 
 
 
 
 
 
検索

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
愛犬家住宅コーディネーター
 
 
 
 
 
 
 
 
認定番号:19012413
 
 
 
 
 
 
 
 
愛犬との暮らしを、もっと豊かに楽しくするために
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
愛犬家住宅コーディネーター
 
 
 
 
 
 
 
 
 
認定番号:19012413
 
 
 
 
 
 
 
 
 
愛犬との暮らしを、もっと豊かに楽しくするために
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事を書いた人
武井 悦朗 タケイ エツオ
武井 悦朗
お客様のご希望にに合った家の設計を心を込めてさせていただきます。
arrow_upward