9:00-19:00
年中無休
2019年06月21日
スタッフブログ

愛犬家の一言

地震大国日本

①避難場所は普段から決めておこう

避難場所は地図のうえでの理解で無く

散歩のコースにするなどして、普段から体で覚えておくと

災害時にパニックにならないでしょう。

愛犬との同行非難が可能かどうかも確認しておきましょう。

多くの避難場所では同行非難の許可は実際に災害が起きた時の

現場判断の事が多いのでペットと同行非難出来る処は

実はとても少ないのです。

②クレートトレーニング

避難場所では、愛犬はクレートに入れるのが基本

愛犬を落ち着かせると同時に、他の避難者とのトラブルを

避けるためにも日頃から、クレートトレーニングを

しておきましょう。

愛犬にとってクレートは、こころの避難場所なのです。

③社会化トレーニング

避難場所では、見知らぬ人や犬と過ごすことになります。

日常的な音、人、ほかの動物、乗り物などに慣らす

社会化トレーニングが必要です。

ふだんから、飼主さんがしつけるほか、しつけ教室や

ドッグトレーナーなどから指導を受けるなどの

愛犬が恐怖や不安からの吠え、噛みなどの行為を

しないようにしておきましょう。

皆さん災害はイツ起こるかもしれません

住宅耐震補強のチェックなど必ずおこなって

人的被害が無いように致しましょう。

 

 

愛犬家住宅コーディネーター

認定番号:19012413

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
インターネットで購入可能
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
愛犬のお散歩帰りのかんたん足洗い
 
 
 
 
 
 
検索

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
愛犬家住宅コーディネーター
 
 
 
 
 
 
 
 
認定番号:19012413
 
 
 
 
 
 
 
 
愛犬との暮らしを、もっと豊かに楽しくするために
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
愛犬家住宅コーディネーター
 
 
 
 
 
 
 
 
 
認定番号:19012413
 
 
 
 
 
 
 
 
 
愛犬との暮らしを、もっと豊かに楽しくするために
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事を書いた人
武井 悦朗 タケイ エツオ
武井 悦朗
お客様のご希望にに合った家の設計を心を込めてさせていただきます。
arrow_upward