9:00-19:00
水曜日
2019年06月24日
スタッフブログ

愛犬家の一言

地震大国日本

①情報収集

最近の避難場所では、電源は最優先で確保されています。

スマホなので、常に最新の情報を入手しましょう。

ネットのフェイクニュースに惑わされない様に、

公共の情報をもとに行動を判断しましょう。

また、避難場所の掲示板にはとても多くの情報が載っています。

最低でも1日3回は見るようにしましょう。

 

②散歩

散歩は愛犬にとって欠かせません。

被災直後でも放射能被害などがなければ積極的に散歩に行きましょう。

愛犬のストレスを軽減させるだけでなく、飼主さんのメンタルを

落ち着かせる効果もあります。ただし避難場所内での排泄は

避けるなど他人との距離感も考慮することが大切。

犬嫌いの人もいるので、リードを短く持ってまわりをよく見て

散歩をさせましょう。排泄物の処理などは、避難場所ごとに

ルールが異なるので管理者に確かめておくことが大切です。

 

③ニオイケア

じつは犬より人のほうがニオイはきついのですが

動物のニオイを気にする人もいます。

とくにテリア種のようなニオイが強い犬種や皮膚疾患を

もっている犬には気を使いましょう。

ニオイやすい部位は耳、口、肛門、目の周り、肉球などです。

水を使わいシャンプーや濡れたタオルなどで清潔にしましょう。

その際にケアしていることを周囲に分かるようにすると

ほかの人からのクレームを避ける効果があります。

 

④ブラッシング&マッサージ

ブラッシングは毛が飛ぶので場所を考えて行いましょう。

マッサージはオキシトシンという安心感を導くホルモンが

愛犬にも飼主さんの体内にも分泌されるのでおすすめです。

ニオイが減少するという効果も期待できるそうです。

 

愛犬家住宅コーディネーター

認定番号:19012413

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
インターネットで購入可能
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
愛犬のお散歩帰りのかんたん足洗い
 
 
 
 
 
 
検索

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
愛犬家住宅コーディネーター
 
 
 
 
 
 
 
 
認定番号:19012413
 
 
 
 
 
 
 
 
愛犬との暮らしを、もっと豊かに楽しくするために
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
愛犬家住宅コーディネーター
 
 
 
 
 
 
 
 
 
認定番号:19012413
 
 
 
 
 
 
 
 
 
愛犬との暮らしを、もっと豊かに楽しくするために
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事を書いた人
武井 悦朗 タケイ エツオ
武井 悦朗
お客様のご希望にに合った家の設計を心を込めてさせていただきます。
arrow_upward