9:00-19:00
水曜日
2019年08月05日
スタッフブログ

エアコンはつけっぱなしが良いの?~熱中症対策~

蒸し暑くなった今日この頃。各家庭ではエアコンがつけっぱなし、フル稼働しているかと思います。そんなエアコンのつけっぱなし、熱中症対策や温度設定についてお伝えしたいと思います。

★姫路の注文住宅をメインに建てている工務店「アットホームおおたに」のプランナー菅原が住まいのプチ情報をお届けします。

エアコンの正しい使い方~熱中症対策~

こんにちは!アットホームおおたにの菅原です。

暑い夏がやってきました。セミの声を聴くたびに実感しますね。かくいう僕の家ではエアコンをつけっぱなしで寝ています。皆さんも暑苦しさを感じるこの季節、寝るときにエアコンを利用しているのではないでしょうか。最近では熱中症予防のためにエアコンは欠かせません。では寝るときのエアコンの設定はどうすれば良いのでしょうか?

 

熱中症対策のためにはドライ除湿がいいのか、冷房つけっぱにするのが良いのか悩みます。冷房つけっぱで体が冷えると自律神経にも影響を与え、クーラー病にもなってしまいますよね。そうならない為には、設定温度など大事になってきます。

 

寝るときのエアコンの設定はどうしたらいいの?

除湿と冷房、どっちがクーラー病になりにくいの?と考えたときには、皆さんほとんどが「除湿」と答えられると思います。

除湿はなんだか湿気を取ってくれて、蒸し暑さをなくしてくれるかなあ?逆に冷房は冷たくするから寒くて体に良くないのでは?と思います。僕も以前まではそうでした(>_<)

ところが・・・

就寝時のエアコンの設定は逆なんです!

「除湿」のほうが「冷房」よりも温度を下げてしまいます。なので、寝るときには「冷房」運転をおすすめします。

エアコンの設定温度はどれくらいが適切なの?

ここで大切なのが冷房の「設定温度」です。

クーラー病という言葉があるように、人間は体を冷やしすぎると自律神経にも影響を与え体がだるくなってしまいます。寝ているときには、起きているとき(活動しているとき)に比べて体温が下がりますので、冷房の「設定温度」は低すぎると注意が必要です。

一般的に言われている設定温度は「27~28℃」です。

もちろん部屋の広さや、エアコンの容量によって多少変わってくると思いますので一概には言えません。特に赤ちゃんのいる家庭では、大人と子どもとでは体温が違うので注意が必要です。

ですので、ちょっと暑いかなあ?というくらいがちょうどいい設定温度かもしれません。

エアコンはつけっぱなしが良いの?

エアコンをつけっぱなしにして寝ると、朝とてもだるくなるから、おやすみタイマー設定をされる方が多いのではないでしょうか。

つけっぱなしだと電気代もかかりそうだし・・・。寝はじめが暑くなければ、2~3時間後にタイマーで切れるようにしたほうが効率がよくって電気代もかからないのでは?と思ってしまいます。

ただ、最近のような蒸し暑い深夜では、エアコンなしで朝までぐっすり寝れるというわけにはなかなかいかないと思います。

となると夜中にエアコンが切れて、途中で目が覚めてしまうと熟睡できずに、体に影響を及ぼしてしまいます。日中の暑さに加えて、夜も熟睡できないと疲労も蓄積されてしまい疲れをとることができません。

ということはエアコンはつけっぱなしが良いという結論になりますね。

また電気代もエアコンをつけっぱなしのほうが、急激な温度変化がないので効率がよく、電気代も安くて済みます。

あなたに最適な方法でエアコンを使いましょう

まとめるとエアコンはつけっぱなしが、人の健康と電気代のこと双方を考えても良いという結論になりました。あなたに合った使い方をしてみてはいかがでしょうか。

地球温暖化もあって、エアコンは必須アイテムとなっています。使い方次第で変わってきますので、正しい知識で使ってみてはいかがでしょうか。

アットホームおおたにではエアコン1台で快適に暮らせる仕組みの家を絶賛公開中です。しかもエアコンを24時間つけっぱなしでも、電気代は0円です。

 

↓エアコン1台で快適に過ごせるモデルハウスを公開中↓

いかがでしたか?

エアコンひとつとっても重要ですね。

ぜひモデルハウスで体感してみて下さい。

 

アットホームおおたにでは、この週末に各地でモデルハウス内覧会を開催中です。

ぜひこの機会にお立ち寄りくださいね(^^)/

丁モデルハウスの内覧はこちら

御立モデルハウスの内覧はこちら

網干区坂出モデルハウスの内覧はこちら

※スタッフ不在の場合もございますので、ご来場の際にはお電話いただけると幸いです。TEL 0120-057-551 スタッフまで。

 

この記事を書いた人
菅原 崇宏 スガハラ タカヒロ
菅原 崇宏
わたしもマイホームを建築した経験者です。経験者は語る?!ではないですが、マイホームは一生もの。モノを売るのではなく、お客様を第一に考えて「暮らし」をご提案いたします。ライフスタイルは世代によって様々。ああしたい!こうしたい!を細かくヒアリングした上で、よりよい暮らしができるようにプランニングいたします。お気軽にご相談ください。
arrow_upward