9:00-19:00
年中無休
2019年08月29日
スタッフブログ

宇宙太陽光ってなに?

宇宙太陽光って聞いたことありますか?少し前にNHK総合テレビで放送されていました画期的な計画。知らない人のほうが多いかもしれませんね。太陽光発電システムが普及してきたいま、壮大なプロジェクトが進んでいるようです。今日はそんな宇宙の太陽光について少しご紹介したいと思います。

★姫路の注文住宅をメインに建てている工務店「アットホームおおたに」のプランナー菅原が住まいのプチ情報をお届けします。

宇宙太陽光発電システムの大規模なプロジェクトとは?

【この記事は3分で読めます】

こんにちは!アットホームおおたにの菅原です。

太陽光発電システムのことは日々お伝えしてきたかなと思います。今日はそんな太陽光発電システムでも、「宇宙太陽光」のことをお伝えしたいと思います。先日にもNHK総合テレビでも放送されていましたが、ちょこっとだけお知らせしますね。

ではスタートします!

 

↓以下、NHKより抜粋↓

宇宙に巨大な太陽光発電所を作り、大量の電気を24時間地上に送り届ける。
そんな壮大な計画の実現に向けて、経済産業省は地上で送電試験を行い成功。
宇宙太陽光発電の可能性とは・・・。

普通、太陽光発電は、地上の太陽光パネルで発電し送電線で電気を送るが、宇宙太陽光発電は、軌道上に発電衛星を浮かべて、電気を電波で地上に送るという夢のような計画。


衛星の場所は赤道上空36000キロの軌道上。そして太陽光パネルは2キロ四方とゴルフ場がすっぽり入るくらい巨大。


電気は電波に変換して地上に送り、これを受ける海上に設置するアンテナも直径4キロ。

わざわざ宇宙に発電所つくるのは非常に効率がいいから。

 

↓わたしの感想↓

うーん。かなり広大な計画ですね。なかなかイメージがつきません(*_*)

まだまだ発展途上の太陽光発電市場ですが、近い将来、このような計画が実行されるイメージがつかないですね。

なんだか映画のような世界。

けれどもこれが実現すると、われわれの生活も大きく変わるのではないかと想像します。昔の映画でブルース・ウィリス主演の「フィフスエレメント」という映画がありましたが、なんだかそんな世界を想像してしまいますね(^^)笑

宇宙太陽光は本当に実現できるの?

率直な意見としては、ほんとうに実現することができるのかという点です。

 

↓以下、NHKより抜粋↓

脱炭素社会の実現に向け政府は再生可能エネルギーを主力電源にする方針を打ち出し、太陽光発電も全電力の5%を担うまでに。

ただ夜は発電できず、昼間も曇れば発電量が落ちるなど不安定なのが弱点。

 

これに対して36000キロの宇宙は常に快晴で、1年中安定して発電し続けることができ、温暖化対策に大きく貢献できる。


なので政府の宇宙基本計画、エネルギー基本計画に「研究を推進する」と明記。

ただ実現は早くても2050年頃。難しい課題が多いから。
まず電気を電波に変換して、長距離を精度よく送る技術を開発しなければ。

 

↓わたしの感想↓

うん。まだまだ先のようですね。技術革新が追い付かない。

これから課題も多いですが、科学者・研究者の方々に頑張っていただいて、ぜひ実現してほしいですね!

いかがでしたか?

宇宙太陽光発電システムのこと。

将来的に実現に向けて頑張ってほしいところです。地球温暖化が進む現代社会、環境に優しいクリーンエネルギーは必須の時代です。

宇宙とは言わず、まずは自分の家に太陽光発電システムを導入することからスタートしてみてはいかがでしょうか。

(菅原の家もたくさん太陽光発電パネルが載っていますが、よく発電してくれるのでお得ですよ)

 

詳しくはモデルハウスでみてみてください。

 

アットホームおおたにでは、この週末に各地でモデルハウス内覧会を開催中です。

ぜひこの機会にお立ち寄りくださいね(^^)/

丁モデルハウスの内覧はこちら

御立モデルハウスの内覧はこちら

網干区坂出モデルハウスの内覧はこちら

※スタッフ不在の場合もございますので、ご来場の際にはお電話いただけると幸いです。TEL 0120-057-551 スタッフまで。

 

この記事を書いた人
菅原 崇宏 スガハラ タカヒロ
菅原 崇宏
わたしもマイホームを建築した経験者です。経験者は語る?!ではないですが、マイホームは一生もの。モノを売るのではなく、お客様を第一に考えて「暮らし」をご提案いたします。ライフスタイルは世代によって様々。ああしたい!こうしたい!を細かくヒアリングした上で、よりよい暮らしができるようにプランニングいたします。お気軽にご相談ください。
arrow_upward