9:00-19:00
年中無休

高耐震パネル「コーチパネル」

高耐震パネル「コーチパネル」ご紹介

地震に強い家づくりに大切なのは柱…だけじゃない!

コーチパネルは、従来の耐力壁では成しえなかった地震への圧倒的な強さを誇ります。

近年日本では、全国各地で大規模な地震が頻発しています。本震には耐えられたけれど、何度も起こる余震でダメージを受け倒壊してしまった、という例も多数あります。巨大地震には、繰り返し来る余震がつきもの。そんな余震にも耐えうる力を持ったのが、このコーチパネルです。

コーチパネルは繰り返し来る余震にも強い!

建物は地震の揺れで損傷すると、目に見えて強度が低下します。
そのため、本震には耐えられても、繰り返し来る余震によって家が倒壊することがあります。
壁倍率4.8相当のコーチパネルは、従来工法と比べ約2倍の体力と、約1.6倍のねばりを持つ頑丈な性能。
震度7強を超える地震や、何度も起こる余震にも耐え、あなたの大切な家族と財産を守ります。

■壁材が壊れるまで横から力を加える破壊実験の様子

壁倍率とは?

地震や風といった横の力や、屋根に積もる雪の重さなどに耐えられる構造的に重要な壁(耐力壁)の強さを表した数値で、上限値は壁倍率5。
この数値が大きいほど耐震性能が高い。

■実験から証明されたコーチパネルの強さ

機械による精密な加工により、隙間のない施工が可能!

家の断熱材と聞いて、どんなものを思い浮かべますか?
おそらく多くの方が、綿のようなふわふわした断熱材を思い浮かべることと思います。これは、グラスウールという断熱材です。これまで多くの家に使用されてきた、代表的な断熱材です。

しかし、このグラスウール、一見ふわふわしていて断熱にはぴったりの商品に思えますが、実は場所によっては施工できなかったり、施工しても配線・配管の関係で隙間ができてしまったり、また、見えない壁の中に設置するため、適当に施工されてしまうことがあり、本来の機能が発揮できないことが多いと言われています。

本来の機能が発揮できない隙間のある施工だと、家の中の暖かい空気と外の冷たい空気がしっかり遮断されず交わってしまい、結露してしまいます。結露は家を腐らせ、カビを発生させる原因の一つ。家をキレイに長持ちさせるためには、断熱材も慎重に選ぶことが重要です。

一方、コーチパネルは、断熱材があらかじめ枠材の中に組み込まれた状態で現場にお届けするので、現場の大工さんの施工技術に左右されることなく、隙間のない断熱施工が可能です。

また、複雑なパネルも製造可能なので、施工場所も選びません。シンプルでスマートな構造なので、電気配線(スイッチボックスの設置など)も楽々行うことができます。

コーチパネルは地震に強いだけでなく、家を長持ちさせるための工夫の一つでもあるのです。

※高断熱施工も可能です。詳しくはお問い合わせください。

雨仕舞いが早く行えるので、大切な家を濡らさない!

念願のマイホームが、建築中に雨に降られて濡れてしまったら…基本的には乾けば大きな問題はありませんが、完全に乾くまでにはかなりの時間を要しますし、やはり良い気分はしません。コーチパネルは、現場に届き次第すぐに取り付けが始められるので、上棟した大切な家をぬらすことはまずありません。

また、現場で出るゴミが少ないので、キレイな環境での家づくりが可能です。

コーチパネルは、お施主様にとっても、地球環境にとっても気持ちの良い家づくりをサポートします。

arrow_upward